青年期(19〜39歳)

社会人のイラスト
特徴
  •  社会人として独立し、ライフスタイルを決定する重要な時期です。
  •  健康への関心が薄く、肥満などの生活習慣病の予備群が現れる時期です。
  •  壮年期以降の健康状態に大きな影響を与える時期です。

健康づくりのポイント
日常生活オンとオフのイラスト
こころの健康
  •  仕事だけでなく、趣味やボランティア活動にも積極的に取り組みましょう。
  •  心身の悩みは、早目に相談機関や専門医等に相談しましょう。
  •  うつ病などに関する正しい知識を学びましょう。
栄養・食生活
  •  朝食は必ず食べましょう。
  •  主食・主菜・副菜を組み合わせた食事をしましょう。
身体活動・運動
  •  自分にあった運動を見つけて、体力づくりに取り組みましょう。
  •  運動習慣や歩く習慣を身につけましょう。
休養
  •  適度な運動などで心地よい睡眠をとりましょう。
飲酒
  •  アルコールの害についての正しい知識をもちましょう。
  •  節度ある適度な飲酒に心がけ、一週間に2回は休肝日を設けましょう。
喫煙
  •  たばこの害についての正しい知識を学び、禁煙に努めましょう。
  •  禁煙外来等を利用し、あきらめずに禁煙しましょう。
歯・口腔の健康
  •  歯ブラシの他にもデンタルフロスや歯間ブラシを使って歯と歯ぐきの手入れをしましょう。
  •  定期的に歯科検診を受けましょう。
健康管理等
  •  健康に関する正しい知識を学びましょう。
  •  年に1回は、健康診断やがん検診を受けましょう。

主食・主菜・副菜を組み合わせた食事をしましょう
運動習慣や歩く習慣を身につけましょう
うつ病などに関する正しい知識をもちましょう

健康づくり関連情報

「e-ヘルスネット」健康情報へ
e-ヘルスネット

健康な生活を送るために


このページの先頭へ戻る