▲ページの先頭へ戻る

はじめに

夫婦のイラスト

山口県は、全国より約10年早く高齢化が進んでいます。

健康寿命を更に延伸するためには、健康度の高くなっている高齢者については就労や社会参加を促進する必要があり、一方で、虚弱化を予防又は先送りすることが必要で、個々の高齢者の特性に応じて生活の質の向上を図る必要があります。

 

介護予防について

介護のイラスト

  1. 元気に歳を重ねるために
    • 高齢になると、心身に不具合も出てきますが、歳をとっても今まで以上に趣味や生活を楽しみたいと思っておられる方は多いはずです。
      市町の地域包括支援センター※では、保健師、ケアマネージャー(介護支援専門員)、社会福祉士が中心になって、様々な専門家や専門機関と連携しながら、地域で暮らす皆さんひとり一人の暮らしをサポートします。

      いつまでも元気に楽しく、住み慣れた地域で生きがいを感じながら暮らしていけるお手伝いをしています。
      ※市町によって独自に名称をつけている所もあります。

    • 地域包括ケアシステムの実現に向けて(山口県長寿社会課)
  2. これからの生活を楽しむために
    • 地域包括支援センターでは、「体力をつける」「口と歯の健康を守る」「健康的に食べる」ことなどを目的に、地域で行われている、個人々の体力や状態に合わせた、介護予防教室や個別指導などを紹介しています。

      体を動かせば食欲がわきます。しっかり食べることができれば楽しみも増し、栄養が体にいきわたり体力もつきます。体と心の元気の源です。スタッフや参加者同士、いろいろな人との出会いが新しい発見となり、これからの生活の生きがいとなっていきます。

    体力をつける
     毎日自宅で簡単にできる体操や、楽しく続けることができる運動を専門家が教えます。
    口と歯の健康を守る
     歯科衛生士が、口腔内の健康をたもつ方法や、噛む力、飲み込む力を向上させる方法を教えます。
    健康的に食べる
     管理栄養士が、栄養の偏りや不足を予防するための食事や調理方法などについて教えます。

認知症について

認知症のイラスト

  1. 認知症の予防
    • 認知症の中核を占めるアルツハイマー病は、30年という長い期間のアミロイド蛋白の沈着によって起こる病気です。最近の研究から、どのような生活習慣がアミロイド蛋白の沈着を少なくするかが分かってきました。

      野菜や果物をたくさん食べる人、魚をよく食べる人、ワインを飲む人、ウォーキングなどの有酸素運動をよくしている人は、アルツハイマー型認知症の発症の危険度が低いことが分かっています。こうした生活習慣を続けることで、認知症に強い脳がつくられると考えられています。

      知的な脳の機能をたくさん使う人は、認知症の発症率が低いことが分かっています。認知症になる前に、衰える脳の機能は、体験したことを覚え、思い出すエピソード記憶。2つ3つのことに同時に注意を配り、注意を切り替える注意分割機能。新しいことをやる手順を考える計画力です。このような機能を積極的に使うことによって、神経の伝達機能が高まり、神経のネットワークが強化され、認知症に強い脳が作られるのです。

  2. 認知症の早期発見・早期治療
    • 認知症は、早期に気づいて、適切な治療やリハビリ等を受けることでその後の進行を遅らせたり、症状改善を図れることが分かってきています。ご家族が「何か気になる」と感じても、症状が軽かったり、日常生活にさほど支障がないと相談を先延ばしにしてしまいがちですが、早い段階で専門家に相談して助言を受けることが大切です。「もしかして」と感じたら、早めにかかりつけ医や市町の窓口等に相談してみましょう。
    認知症コールセンター
    認知症の方や家族の方に対しては、認知症の各ステージにおいて、認知症の知識や介護技術の面に加え、精神面も含めた様々な支援が重要であるため、認知症の専門家や介護経験者等が電話相談に応じます。
    1. 1.相談専用電話番号
        083-924-2835(くにしないで、にんちしょうはみんなのもんだい)
    2. 2.相談時間
        月曜日~金曜日の午前10時~午後4時まで(祝日・年末年始は休み)
        ※相談は電話に限ります(コールセンターでの面接相談は行いません)
        ※相談料は無料ですが、通常の電話料金がかかります
    3. 3.相談員
        介護経験者(山口県認知症を支える会連合会の会員)を中心に、
        保健師、社会福祉士等の専門家が相談に応じます。

認知症に関する相談窓口はこちら

運動器症候群について

  1. 運動器症候群(ロコモティブシンドローム、通称:ロコモ)とは
    • ロコモとは、加齢に伴い、骨、関節、筋肉などの運動器の機能低下によって、要介護や寝たきりになる可能性の高い状態を言います。

      現在、我が国のロコモは予備軍を含めると約4700万人と言われ、40歳以上の男女の5人に4人は、「ロコモ及びロコモ予備群」と推定されます。

  2. ロコモチェック
    • 自分のロコモ度は、「ロコモチェック」を使って、簡単に確かめることができます。
      ※この中の一つでも当てはまる場合はロコモの可能性があります。


      1.家のなかでつまづいたり滑ったりする。2.家のなかでつまづいたり滑ったりする。3.15分くらい続けて歩くことができない。4.横断歩道を青信号で渡りきれない。5.片足立ちで靴下がはけなくなった。6.2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難である。7.家のやや重い仕事が困難である。

  1. ロコモトレーニング

股関節の体操
 足幅を腰幅より広めにとり、股関節痛・膝・足首の関節を連動させて動かす。無理をしない範囲で4~8回行う


骨力トレーニング
 両膝を曲げ、片足を持ち上げ、その足裏で床を踏む。ゆっくりと相互に6~8回、バランスを取りながら無理のない範囲で行う。


椅子に腰掛けて行う体操
 安定した椅子に腰掛け、足を浮かせて膝を伸ばして前に出す。そのまま4~8呼吸間数えてゆっくり下ろす。これを2~4セット、両足共に行う。

生涯現役社会づくり

シニアがいきいきと活躍できる“生涯現役社会”とは、シニアが生涯を通じて健やかで自立した生活を送り、豊富な知識や経験・技能を活かして、仕事やボランティア活動、生涯学習・スポーツなど、様々な分野でいきいきと活躍できる社会のことをいいます。


このページの先頭へ戻る